薔薇の芽  松枝真理子著

20160916_e43f54

◆第一句集
ぐらぐらの歯を自慢してチューリップ
やがて
キャンプから帰りてもまだ歌ひをり
そして
マフラーを後ろできゆつと結ぶ子よ
お母さんと一緒にここまで成長してきた女の子は、これからは一人の女性として自分自身の道を歩み始めるだろう。そして園子と足並を揃えてきたお母さんには新しい地平が見えてくるはずだ。『薔薇の芽』に続く真理子さんの俳句の展開を見守ってゆきたい。
(帯より・行方克巳)

◆行方克巳抄出十句
亀の子の手足てんでんばらばらに
脇見してにこにこ走り運動会
マフラーを無理矢理巻いて送り出し
帰り来て遠足の地図辿りをる
人見知りしても人好きさくらんぼ
浴衣着て甘え上手になりにけり
凍星や悔し泣きの子誉めてやる
秋蝶の芝すれすれにすれ違ひ
赤ちやんがこんなにゐるよ秋日和
五十メートルとぶよと飛蝗見せくれし

水の扉  成田うらら著

mizuno
ふらんす堂
2014年11月13日発行

紫木蓮売れぬまま家朽ちてゆく
台風ののろのろときて人攫ふ

現実を直視して決して逃げることのない誠実な人柄。

風船を割る象の眼の笑ひけり
土雛のでんと座りし団子鼻

日常の緊張から解放され、ほっと笑いがこぼれる時間は、
何ものにもかえがたい喜びでもある。
人生山あり谷あり。だから俳句が楽しい。

行方克巳(帯文より)

冬ざるる境内に樹の声もなし
水に散る光の破片十二月
水槽の河豚や人間値踏みして
綿虫につきてゆきたし浮かみたし
噴水の笑ふがごとく泣くごとく
鹿の眼のむかう向き耳こちら向き
みづすまし水の扉を開きゆく
ハンカチの正方形を疑へり
風船を割る象の眼の笑ひけり
柘榴落つ神に愛想つかされて
(自選十句)

今と決め  阿部川翔著

imatokime
ふらんす堂
2014年10月28日発行

熱燗や女盛りを今と決め

この一句に翔さんの心意気と潔い決断力がこめられている。
句集出版は、その「今」の記念だ。
今を大切に見のがさず、聞きのがさずに把えた人生のひと齣ひと齣は、
私たちの五感を大いに刺激してくれる。
西村和子(帯文より)

春昼のハーレムの辻乾きたる
草を刈る瞳の濃くて蜥蜴追ふ
生ビール星占ひを信じてる
かき氷ブルーハワイといふブルー
無表情くづれて涙心太
八月の島影ふつと消えにけり
十六夜や父の部屋その日々のまま
麦秋やふたりでひとつ旅鞄
女にも遊び心や日脚伸ぶ
永き日の二月堂より暮れにけり
(自選十句)

驢馬つれて  井出野浩貴著

robatsurete
ふらんす堂
2014年9月21日発行

マフラーの緋を見送りしより逢はず
作者の胸裡のドラマティックな青春性とのきっぱりとした決別。

自転車でどこまでもゆく夏休
少年のように、がむしゃらに未知を志向するこころ。

いつかてふ日は訪れず鰯雲
いさぎよい覚悟は諦念にも通じる。

それらが三位一体となって展開してゆく、
井出野浩貴の俳句ワールドだ。

行方克巳(帯文より)

鉄橋のしづまり雲雀野にひとり
卒業す翼持たざる者として
夜桜の星へ旅立つかもしれず
グローブのオイルの匂ひ五月来る
冷奴ゆづれざることひとつ失せ
夏帽子選びてよりの旅ごころ
眠る子の膝にかさぶた天の川
葡萄売る石の都に驢馬つれて
この道の行く先知らず鰯雲
そのかみの密使の如く落葉踏む
聖樹の灯一番星に先んじて
冬の星一病を身に飼ひ馴らす
(自選12句)

海渡る蝶  江口井子著

umiwataru
角川書店
2014年1月15日発行

東西古今の文芸に心を遊ばせ、
旅に料理にお洒落に五感を磨き、
常に仲間の先頭切って歩む素敵な女性。
外界への視野はさらに幅広く、
内面への凝視はいよいよ深く、
第三句集に至って人生の本音があかされた。
俳句の恩寵もさることながら、
真の贅沢とは何かを教えられる句集。
西村和子(帯文より)

パイ焼かん卓の林檎のよく匂ひ
海渡る蝶のごとくに真葛原
蜆舟二葉泛べて嫁が島
耕人に尋ね神魂の社みち
朝焼のユングフラウをわが窓辺
ひとり居の少し紅濃く初鏡
盲ひゆくごとく虫の音細りゆく
教へ子も今はともがら初句会
秋深し男女の機微に疎けれど
レースまとふ今ひとたびの贅もがな
(西村和子 選)

蜜柑顔  山口隆右著

mikan
学芸みらい社
2014年1月6日発行

据ゑられし卒寿の母の蜜柑顔  隆右
蜜柑顔とは何と可愛らしくつややかなお母さんだろう。
90歳を過ぎて一人暮らしのその母上が、いまや、
俳句の道をひたすら歩む作者の心の拠りどころ。
ますます高い志をもって遠いはるかなこの道を
歩んでほしいと私は思う。
行方克巳(帯文より)

役どころなりの品なり賀茂祭
鬱の虫背広に飼ひて梅雨長し
交渉の黙続きをり枯野ふと
据ゑられし卒寿の母の蜜柑顔
仲見世の日本切り売り秋暑し
しぐるるや俯き帰る豆剣士
ラーゲリに句会ありけり鳥帰る
手の届くものは要らざり雲の峰
キツツキのモールス信号荘トヂヨ
柿熟れてこの家も婆の一人らし
甚平や急かず怒らず羨しまず
職退きて避暑地に交す世事人事
(自選12句)

黒点虎  谷川邦廣 著

kurotentora

ふらんす堂
2013年12月21日発行

谷川邦廣さんは、
工学博士にして猫語をもあやつる。
世界のどこに行っても猫は友達だ。
ときにごきぶりとも誼を通じるらしい。
邦廣さんの目から見た俳句の世界の広がりは
新しい刺激に充ちている。
行方克巳(帯文より)

んにやんと鳴いて出て行き春の猫
初芝居工藤祐経好きになり
コルドバの浴場跡に猫昼寝
街薄暑IDカードぶら下げて
水蛸のはりつく独房の硝子
業平忌我が猫トラの忌なりけり
ごきぶりは俺の友達妻の敵
秋晴や白目の光るインド人
てかてかに河馬を塗り上げ秋の雨
革命と数学と恋パリー祭
(行方克巳抄出10句)

句の旅  千葉美森 著

kunotabi
角川書店
2013年10月25日発行

俳句大好き人間の美森さん
今日もいそいそと吟行の旅へ出かけて行く。
そしてその心の中にはいつも御主人がゐる。
五七五の旅を終ると美森さんはまたいそいそと家に帰ってゆくのである。
行方克巳(帯文より)

首から顔顔から首へ汗拭ふ
夕月や一升瓶に薄活け
絹莢の色そのままに卵とぢ
滑走路灼けふんはりと着陸す
旅にして夫の声なき朝寝かな
左手で出来ることして冬に入る
三日はや手持ち無沙汰やミシン踏む
剪定のひと声かけて枝落とす
もてなしの頃合嬉し夏料理
止まるまで待てばわが手に赤蜻蛉(行方克巳 選)

星の舳先  関根 空 著

hoshinohesaki
ふらんす堂
2013年9月7日発行

選ぶとは選ばないこと。
あぶない幻影にそっと寄りそってみる。
それはまるで、フライングぎりぎりのまぶしさ。
合せ鏡に映った影は、虚実皮膜の真実かも
行方克巳 (帯文より)

沈むとも浮くとも思ふ春の月
みそつかすなりに駆けゆけ雲の峰
猫の子や選ぶとは選ばないこと
危ふきに近寄つてみる春の宵
フライングぎみのまぶしさ更衣
この星の舳先に立ちて夕焼見む
風のいま転調したり水の秋
秋の暮合せ鏡に何かゐる
秋の暮母さんは叱るだらうか
恋といふ至上命令鳥交る (行方克巳 抄出)

破墨  高橋桃衣 著

haboku
角川書店
2013年6月30日発行

含み笑いする通草、雨を呼ぶ枇杷、えらそうな鶏頭、
不機嫌な山、積もる月光、逸筆が描いた造化の様相。
ガラスを磨く月光、流れゆくビル、音痴な信号、
銀河まで響く靴音、詩ごころと機知が把えた都会の一刻。
虫籠とワインバー、銭湯とファゴット、伝統と現代の配合。
あらためて自然と生活を見直したくなる句集。
西村和子 (帯文より)

きしきしと月光がガラスを磨く
虫籠を鏡の前にワインバー
木枯や母の繰言呪文めく
信号のメロディ音痴春の昼
鶏頭はえらさうな花鈍な花
野次馬へ風向変はる近火かな
冬麗の富士不機嫌な伊吹山
渇筆の様に流れし星ひとつ
栗の毯踏む踏む心晴れるまで
華奢といふ文字ははなやか一葉忌
土地を売る机一つや梅雨晴間 (本書より)